花粉症の薬で眠くなるのはなぜ?

花粉症の薬の有名な副作用として、「眠くなる」ことがあると思います。花粉症で鼻水、鼻づまり、目のかゆみがひどいのに、薬を飲んでも今度は眠気が副作用として出てしまう方もいらっしゃいます。そんな眠気が何故起きてしまうのか、どうやって眠気を防いで、花粉症も防げばよいのかを今回は解説します。

花粉症の症状にはヒスタミンが関係しています。特定の細胞(肥満細胞、好塩基球)の中に貯蔵されている、神経伝達物質のことで、大抵の場合、免疫反応によって細胞から遊離して、ヒスタミン1受容体に結合して様々な反応を引き起こす物質のことです。抗ヒスタミン薬はヒスタミン1受容体と結合して、ヒスタミンがヒスタミン1受容体と結合して反応を起こすのを阻害するお薬です。

第一世代抗ヒスタミン薬はとても脂に溶けやすい性質がある(脂溶性が高い)ため、中枢神経まで移行します。中枢神経のヒスタミン1受容体を抑えると眠気が出てきます。よく花粉症の薬や、風邪薬を飲んで眠くなるという原因は、お薬が中枢神経のヒスタミン1受容体に結合することで、眠くなってしまうからなのです。この副作用を利用して、乗り物酔いや睡眠障害改善薬としても使われています。また、ヒスタミン1受容体と形が似ているアセチルコリン受容体にも結合するため、口が乾きやすくなったり、緑内障や前立腺肥大の方は服用を控えたりします(抗コリン作用による)。第一世代の抗ヒスタミンを小児の熱性けいれんになったことがある患者さんに使えないのは、本来のヒスタミンは中枢神経でけいれんを抑制する方向にもに働いており、そのヒスタミンの機能を抑えてしまうため、けいれんを誘発してしまうことがあるからです。

一方で、第2世代抗ヒスタミン薬は中枢神経に移行しにくいように、脂溶性を低く改良しています。また、改良している部分は血液中のアルブミンというタンパク質と結合しやすく、結合するとその分サイズが大きくなるので中枢神経に移行しにくいという特徴も持っています(ケトチフェンは第二世代では例外的に中枢移行性が高いです)。また、抗コリン作用が出るような濃度設計ではないので、緑内障や前立腺肥大の方にも安心して使えるお薬です。

花粉症の症状を緩和したいとき、基本的には第2世代抗ヒスタミン薬を使います。第二世代抗ヒスタミン薬は1~2週間は花粉症の症状を抑えるまで時間がかかります。

・鼻水がひどい人は点鼻ステロイドをおすすめします。ドラッグストアでもステロイド入の商品が最近登場したので、手に入りやすくなっています。
・鼻づまりには抗ヒスタミン薬はあまり効きません。抗ロイコトリエン薬のオノン(プランルカスト)かキプレス・シングレア(ともにモンテルカスト)をおすすめします。
・目がかゆい人は、第2世代抗ヒスタミン薬が入った点眼薬を使用します(薬局の零売か処方せんが必要)。それでも症状緩和ができなければ、ピーク時のみステロイドの点眼薬を検討します。
・免疫療法として、花粉のエキスを毎日摂取する方法や、炭酸ガスレーザーによって鼻づまりを改善する手術もあります。残念ながら、免疫療法は薬局単独ではできません。アレルギーが激しく起きないかどうかを医師がしっかり確認するようになっています。

眠気を防ぐためには、

・アレグラ(フェキソフェナジン)かアジレオン(エピナスチン)の使用
・ステロイド点鼻薬の使用

上記2点を、テレビで花粉の話をし始めたころに服用します。だいたい2月の中旬からです。

それでも症状が改善しない場合は、病院に行って、医師の診察を受けたほうが早いです。

下記、当サイトの関連リンクです。ご参照ください。

花粉症のお薬が合わないときの対処法

花粉症とセルフメディケーション

Follow me!